北斎グラフィックの16本骨傘を買いました! 雨の日にはお気に入りの傘で外に出よう。


雨は憂鬱ですね。雨の日に少しでも楽しく出かけられるように、いつも自分の好きな色や形の傘を選んで購入しています。以前は夫と色違いの16本骨の傘で、1000円程度のものでしたが2年以上は使っていました。

やっと出会えた納得のいく傘

骨が取れてもその傘を使っていたのですが、ついに風の強い日に壊れてしまい次のピピッとくる傘を探していたところ…見つけました。北斎グラフィックの宇宙柄です。

神秘的な宇宙が傘の全面に広がる16本傘です。恒星や銀河の様々な色がまたたき、漆黒の宇宙空間をまばゆい色で染めています。差していただいた裏面からも宇宙柄が透けてみえますので、天の川に包まれたような感覚に。

16本骨で60cm、留め具ではなくマジックテープですが、可愛いので目をつぶります。めちゃくちゃ可愛いですよね?可愛いだけでなく、この傘とても軽いんですよ。400gしかありません。
他にも青空模様もあったんですが、宇宙が好きなので…使ってるAndroidはGalaxyですし。

北斎グラフィックって?

日本の伝統的な傘「番傘」を始め、和柄を大胆にアレンジして洋服はもちろんのこと、着物にも合わせられる傘を用意。伝統的な和柄を始め、若手デザイナーの個性的な創作和柄傘も。長傘(洋傘)、三つ折傘、番傘をラインアップ。

日本の和柄をモチーフにした、新しい和のスタイルを提案した傘ブランドです。職人による手作りで、和装はもちろん洋装にも合うデザインを提案しています。長傘は16本骨傘で、骨組みにグラスファイバーを使っているため軽く風に強い傘です。日傘にもなります。

私がこの傘を知ったのは、横浜・赤レンガ倉庫にある「wargo」というお店ででした。そのときは「きれいな柄の傘がたくさんある!」という印象で、友人数人と一緒だったためお店に長居できなかったのです。そのあと池袋のP’パルコの催事にてwargoが出店しており、「もしかして赤レンガ倉庫にもお店がありますか?」と聞いたのでした。その時ようやく気付いたのですが、初めてwargoを訪れたのはなんと夫と簪を探していた京都ででした。京都には実はwargoがたくさんあって、私が訪れたのは新京極店だったようです。

気に入った傘なら扱いが丁寧になる

ビニール傘だとどうしても扱いが雑になってしまい、どこかに置き忘れることも多々ありました。ちゃんとした長傘なら、置き忘れは当然防げますし派手柄なので取り違えや盗難にも遭いにくいと思います。日本には梅雨がありますから、お気に入りの一本とともに雨の日を過ごせるといいですね。

スポンサーリンク
GoogleAdSenceレクタングル大
GoogleAdSenceレクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
GoogleAdSenceレクタングル大