2018年3月末でついにPHSの新規受付・機種変更が停止に! PHSの思い出を振り返る


ついに来てしまいました。PHSの新規申込、機種変更が終了になります。上の写真は、おそらく歴代端末の中で一番愛用した機種WS011SH(通称:アドエス)です。

Y!mobileからの発表

ワイモバイルで提供中の一部料金プランなどの受付停止について

「料金プラン新規受付および変更受付の停止(ケータイプラン、ケータイベーシックプラン、迷惑電話チェッカー専用プラン、パス専用プラン、おしらせ窓センサー専用プラン、新つなぎ放題)」と「“ワイモバイル”のケータイ(PHS)端末への機種変更の受付停止」と書いてありますので、きっともうあと3年ほどでPHSは使えなくなるのでしょうね。

PHSの思い出


私は1998年にDDI PocketのPASCALという機種(左:当時5000円程度?)を使い始めて、そのあとはケンウッドのXITという機種を使い(紛失してしまい写真なし)、一旦はauユーザー(右)になりました。そのとき契約した番号は今もauの長期回線として保持しています。

高校3年間は1回線しか持っていませんでしたが、大学に入ってからWILLCOMのWX310SAを併用して持っていました。大学の頃はPHSしか持っていない人も結構周りにいて、当時付き合っていた彼氏もその一人でした。私が通っていた大学は山の上にあり、なぜかPHSじゃないと電波が入らない教室があったのを覚えています。そこを集合場所にすると誰とも連絡がつかないので、PHSを持っている人に連絡するよう伝言がなされたものです。
一番上の写真のアドエスは2007年の発売とともに購入し、震災の頃まで使っていたので4年は持っていました。今のスマートフォンで4年戦うのは難しいかもしれませんが、このアドエスは4年使うなんてザラでしたね。アドエスを見たゼミの教授(携帯を持っていなかった)が興味を持ちいつのまにか購入していたこともありました。当時着信音をヴィジュアル系バンドのmp3にしていたんですが、静かな講義室で鳴り響いたときはとても恥ずかしかったです…。
10人以上はPHS同士ですぐ電話できる友人がいて、「もうすぐ2時間45分になるから一旦切るね」という会話をよくしていました。懐かしいです。

一旦解約したものの、PORTUSとWX12Kの形が好きで再度PHSユーザーに戻りました。PORTUSは一足先に料金プラン終了のため去年の夏に401KCに持ち込み機種変更しましたが、WX12Kは塗装剥げつつ未だ使っています。私はただ「料金が安価でわかりやすくてメールが無料という端末が好きなだけ」なんですが、つらいです。

今後はどうするか

ニュースではまだ業務用を含めて355万9000件の契約があると報道されていました。個人では私のようにもう1台無料キャンペーンで複数回線持っている方も結構いると思います。PORTUSのプランWが終了する前のように、DMを送りまくってY!mobileのスマホに変更するように言ってくるのでしょうね。今年の夏「603SI」というストレート端末が出る予定ではありますので、予定通り発売されれば私はその機種を購入しようと思っています。

スポンサーリンク
GoogleAdSenceレクタングル大
GoogleAdSenceレクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
GoogleAdSenceレクタングル大